コンセプト・こだわり

コンセプト

調和の取れた住まいづくり

「家具とインテリア小物を買ってきたけれど何かしっくりこない、部屋の色合いとあわない。」
こんな経験は誰でも思い当たりますよね。簡単にコーディネートといっても案外難しいものです。
私たちは、人の本能や心理面から素材や色、かたちが心や体に与える影響を研究し、家族が本当に安らぐことが出来、
居心地が良いと感じることの出来る調和の取れた快適な住まいや、永年飽きの来ない長持ちする家づくりに取り組んでいます。

ぬくもりとは命のあたたかさ

人と人との間で日常感じるあたたかさ。こどもや家族とのふれあい、肩をならべて食事をする、
そういった何気ないぬくもりを大切にしたい。

光の使い方とカラーコーディネート

家に帰ってもやすらげない。そう感じたことはありませんか。実はその大きな原因のひとつに住まいの「明かり」があるのです。
たとえば「寝不足・イライラ・ウツの症状・キレル子供たち」
こんな現実が増えている要因のひとつに光によるストレスがあげられています。
人が感じることの出来る感覚の中で8割が視覚から影響を受けています。その視覚を左右するのが光と色です。
私たちは光の原則を取り入れ、ストレスがかかりにくい快適な居心地の良い部屋のコーディネートを得意としています。

健康へのこだわり

私たちが生活する社会や自然環境、季節や気候は年々めまぐるしく変化しています。
普段の生活でも心身を酷使し、大人も子供も大きなストレスを感じて生活しているのではないでしょうか。
私たちは、普段意識せずに生活している住まいだからこそ「居心地のよさ」に徹底してこだわっています。
室内の素材選び、壁や床家具などの色彩バランス、光や風の取り入れ方などを創業以来35年間研究し、
心理学や風水、家相学なども取り入れて、ストレスを感じにくい「居心地の良い」住まいを提供いたします。

家庭的であったかい、ぬくもりはエネルギー

ぬくもりは、からだの自然治癒力を高めるとともに、人に癒しの効果をもたらします。ぬくもりのある言葉で、人は元気になったり、悩みが解消したりします。ぬくもりのある触れ合いで、赤ちゃんは安心し、夫婦の仲も深まります。

  • リフォームニイガタ
  • ハウジングこまち
  • スタッフのブログ

ページの先頭へ